障害のある方のあたり前の生活を支援します

法人なづな学園

沿革・歴史

1958(昭和33)年 なづな教室開所
支援学校や通所施設も整備されていない時代で“卒業後行くところがほしい”との声により、
中学卒業後の女子のアフターケアのため、自宅の一室で編物・洋裁等をお教えしたのがはじまりです。
1969(昭和44年) 社会福祉法人認可
なづな学園 通所授産施設として再スタート
1970(昭和45年) 通所授産施設 京都市かしの木学園を京都市より運営受託
1990(平成2年) なづな学園新園舎竣工
1998(平成10年)~
2004年(平成16年)
グループホームとして、かしの木ハウス・第一みどり・第二みどり・ホームなづな・ホームやまのうちを順次開設
2005(平成17年) 居宅介護事業所 サービスセンターふらっぷ開所
2006(平成18年) 障害者自立支援法の施行によりグループホームをグループホームに改組する
2008(平成20年) グループホーム ホームななくさ開所
2011(平成23年)9月 かしの木学園建替・竣工
2011(平成23年)11月 かしの木学園を多機能型事業所として設置
2012(平成24年)3月 なづな学園を多機能型事業所として設置
2014(平成26年)2月 右京区花園内畑町に木造3階建の建屋を建築し、サービスセンターふらっぷの事務所を移設
2014(平成26年)3月 児童福祉法に基づく障害児通所支援事業わかなを上記場所で開設
2015(平成27年)2月 相談支援事業所なづな開所