障害のある方のあたり前の生活を支援します

グループホーム/法人なづな学園

地域における生活の場の一つです

グループホームは地域における生活の場の一つです。障害のある方も普通の住宅で普通の生活をするのが当然です。従来の入所施設と違い、障害のある方本人の選択により、生活を営みます。それぞれの個室でそれぞれのできうる限りのことを行い、障害があるがゆえ必要なサービスを世話人(スタッフ)がお手伝いします。
私たちは、利用者のおもいに寄り添った支援とは・・と常に問い続け、業務改善に努めていきたいと考えています。

グループホームとはどんなところ

グループホームとは、自立支援法にもとづく共同生活介護事業です。一軒の家、またはマンション等に約4名の利用者が入居し、一定の経済負担のもとに生活をしています。グループホームは利用者の家です。仕事から帰ってきて、ご飯を食べてお風呂に入ってTVを見たり、なかまや世話人と話をしたり…利用者一人ひとりの生活の場所です。

建物にマウスをのせると、お写真等が見れます。(パソコンで閲覧のみ) スマートフォンでご覧の方は建物をクリックしてください。